スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛されるお店

2007年03月23日 16:07

大将です

先日家族で食事に出かけました

そこは手作り料理と

旬の料理、刺身が食べられる

本当に食べるとほっとする味のお店です

とにかく美味しい!

うちの店長も連れていった事があるんですが

大絶賛です


二年ぶり位にいったのですが

二年前とまったく変わらない

料理と旨い酒で大満足させていただきました

でも

ひとつだけもの足りなさを感じました

それは

『利き酒士の親父』

がいなかった事です


この人、

酒でわからない事は親父まで

とメニューに書いてあるんですが

料理もカウンターの奥まで届かないと

悪いけどこれ向こうにまわしてくれる?

という具合の

憎めない

愛すべき接客というより

存在感の方でした

お会計の時

おかみさんに

親父さんどうしたの?ってきくと

亡くなったよと

聞かされました

ちょうど二年たつそうです


涙もろい私は

半べそかきながら

そうですか

非常に

残念です

とだけ答えて

お店を後にしました

なんだかすごく寂しいです

あの親父さんも含めて

大好きなお店だから

なんだかその一部が

消えてしまったようで

すごく悲しかった

でもそこは

今は息子さんと

おかみさんと

板さんとで

しっかり守られています


創業者である親父さんは

亡くなっても変わることのない

最高なお店を残しました

本当に尊敬します

いいお店って

美味しかったり

気がきくのは

当たり前だけど

本当に愛される店って

愛される人がいること

その人に会いに行きたくなる店なのかな?って

考えさせられました


このお店を我が心の故郷店とし

迷ったり悩んだりしたら行きます

あの店に行くというより会いに行くという感覚

そんなお店作りもいいじゃねえか!

なんて思いました!
スポンサーサイト

1億メモ

2007年03月23日 10:20

おはようございます!ヒロです。

そろそろ桜が開花して、花見の季節ですね♪

桜を見ながら、お酒を飲む。。。最高です!!


以前、大将からメモの重要性について聞きました。

「メモしないということは1億円になるかもしれないアイデアを捨てているようなもんだ」

それを聞いてから、メモ帳を常にポケットに入れて、

思いついた事、教わった事、やる事、朝礼で聞いた事などいろいろ書くようにしています。

メモするようになってから思ったんですけど、

結構1週間前に書いた事とか結構忘れてたりするもんですね!?

メモを読み返す事で、忘れる事を防げるし、

また、書いた事に対していろいろ考える事ができます。


ちなみに一風堂では「ノート研修」というものがあるそうです。

とにかく毎日欠かさずに、自分の夢や目標(短期・長期)、

その日の出来事、仕事のアイデア、

心に響いた言葉や出会った人など、

書くことが浮かんでこない日は、新聞や書籍、情報誌などを読んで「いいな」と思った文章を書き写すだけでも、

とにかく毎日書くんだそうです。

「書く」習慣は、考えるクセをつけるそうです。

最近書いている、このメモを習慣にして、考えるクセがついたらなと思います。

ちなみに、メモ帳の表紙のタイトルは

「蔵之助 1億メモ」です!

ヒロ






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。