スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月05日 10:45

おはようございます!ヒロです。

昨日はすごい雨でしたね!?
東京ではみぞれが降ったみたいで・・・

雨の中、昨日もたくさんのご来店ありがとうございます!

自分がサラリーマンだった時、

飲みに行く時、雨が降っていると

「近くにするか?」とか

「今日はやめっか?」ってなってました。

そんな中、蔵之助まで足を運んで頂ける!

それは、ものすごく嬉しい事で、本当に感謝、感謝です!!



さて、「板」に立ってから3日が経ちます。

仕込み、段取り、営業、発注、冷蔵庫との闘い・・・と

まだまだ、おぼつかない自分です。

そんな、ここ一番って時、

「やってやるぞ!」って思いがちですが、

そう思うと力が入り過ぎて思うように動けなくなるそうです。

じゃあ、どうすればいいかって言うと、

「~するぞ」ではなく「~できる」と思う事だそうです。

「成功する」とか「克服する」とか

言い切りの動詞を淡々と繰り返す事で、

無駄な力が抜け、やりとげる事ができる。

そういえば、第二回居酒屋甲子園優勝の「寅゛衛門」では

朝礼で「俺はできる」と繰り返し言っています。

自分も毎日、言い続けようと思います。

俺はできる!
スポンサーサイト

シアワセ

2007年04月05日 02:36

店長の村橋です!

 先日、お休みいただきました!!すみません!
 忙しい金曜日に、風邪をひき、熱を出しました!
 インフルエンザではなく、熱も下がり、翌日から出勤しました、が、
 声が出なく、ろくなもんじゃありませんでしたね。
 
 なんとか声も出るようになり、そろそろ酒も受け付けるかも・・・

 それにしても、一人暮らしで寝込むのは、心細いものですね。
初めての体験でした。
こんなのヤダ!絶対明日は仕事に行く!!」
という気持ちが、確かに働いたような気がします。
それで、そこそこの高熱を一晩で克服できたのかな?

 健康のありがたみもそうなのですが、家族のありがたみも感じましたね。

 熱を出して寝込んだ経験の大半が、幼少期。必ず近くに家族が居ました。

 寝ているとき、額に触れる手を感じて目を覚ますと、
水枕を取替えに来た母が居たり、

 ふだん台所のガスコンロなんかいじらない父が、
「牛乳温めて飲むか?」なんて言いながら、台所へ立ったり、

 いつもは一緒に学校へ行く兄を、「行ってらっしゃい」と送り出し、
まったく違う一日を過ごしてきた兄に「おかえり」なんて声をかけながら、不思議な気分になったり、

 思い出というのは、なんら特別な出来事ではないのかも。
過ぎた時間全てが思い出で、それに支えられて生きているのかな。
少なくとも、忙しい週末に高熱を出し、心細くなってしまったときの私にとってはそうでした。

 幸せいっぱい

 愛がいっぱい

 感じられるかな?

 感じたもん勝ち!

 

 

 


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。