スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜特急

2007年10月10日 10:29

 オレは村橋!

 おはようございます。爽やかな朝です。

 すっかり秋ですね。

 日が暮れるころ、切なくて胸がきゅーんと来ませんか?

 毎年同じようなことを言っている、オレは村橋!

 先日も連休がありました。

 特に大きな行事の計画もなかったので、

 読書をしたり、DVDを観たりと、のんびり過ごしました。

 観たDVDというのが、僕の人生に大きな影響を与えた

 『深夜特急』

 作家の沢木耕太郎氏が、

 デリーからロンドンまで乗り合いバスで旅をしたときの話を

 大沢たかおが好演しています。

 たくさんのマニアがいらっしゃる作品です。

 なんせ、旅行先で出逢う人に話をふると、

 食いつく人が多いこと・・・

 たまに僕が食いつく側だったりもします。

 そんな「深夜特急」に影響され、

 文庫本をバックパックに詰め込み、

 海外を歩いてたこともありました。

 その旅先で得たことは、

 「我々は常にあらゆることを選択している」

 ということです。

 そして、こうじゃなきゃいけない、ということは、

 そもそも存在しないということ。

 そこにあるのは選択でした。

 そして、責任でした。

 そして、結果には必ず原因があるという真理でした。

 そして、そう思えてからは、

 あまり物事を批判することがなくなりました。

 さらに、実は俺って自由じゃん!

 と気づきました。

 終わり

 
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。