スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめに対して大将が出来ること

2006年10月30日 22:11

築地への仕入の帰りの車で

いじめ

のニュースがやっていた

誕生日にその子は首をつって自殺した

遺書には誰を責める事もなく

まるで自分が悪い事したかのような内容だった

月同じくして

私も誕生日だった

スタッフ全員と家族に祝ってもらった

何故だ

生まれた事を祝ってもらったり

親に感謝すべき日に

こんな悲しい事があるか!

涙が止まらなかった

車を止めて泣いた

でも私は教師でもなければ

日本全国の学校で講演できる身分でもない

考えた

俺に出来ることってなんだろう?

南行徳の居酒屋の大将に何が出来るだろう?

強くおもった

生きてさえいれば

働く事で人は輝ける事が出来るという事を見せる!

生きていれば蔵之助で美味しい料理が食べれるんだ!

社会にでれば辛い事もあるけど光輝く事ができる環境を

作る事なら俺にもできる!

胸が熱くなった

俺にはこれくらいしか出来ないけど

出来る事をやろうと思った

朝礼でみんなにこれを話した

小さい店だけど

やろうって!

みんな賛同してくれた

関係ない事かもしれないけど

やり続けよう!っておもった

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kuransk.blog79.fc2.com/tb.php/15-639da73c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。