スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チヂミ事件

2007年08月01日 10:30

 店長の村橋です。タイトルがカタカナという自己満足をやめました!

 先日、常連のお客様から、ブログについてご意見いただきました。

 『寒い話はつまらん。大将との話をもっと書けや。』

 ということで、大将が嫌がるのを覚悟で、ちょっと書いちゃいます。

 以前、大将と一緒だった職場では、大将が調理長、私がその部下でした。店のオープニングメンバーとしての出会いでした。

 ある日、まだまだ厨房内が落ち着いてない頃、ひとりひとりのスキルもまだまだ。自分のことだけで、それぞれがいっぱいいっぱい。出勤時間が少し過ぎた頃、調理長からメールが入りました。

 「商品開発で熱いから遅れる」とだけ。上司から、商品開発について尻を叩かれているのは、私もしっていました。

 さて、まだまだ調理長のフォローがあって、なんとか仕込みが間に合っている状態。

 ちょっと急すぎるなぁ・・・でも、調理長いなくても回るようにしなきゃいけないなぁ。試されてる?にしても、ちょっとまだ無茶じゃない?いや、でもいずれ、そうならなきゃいかん。調理長がそういう仕事に時間つかえるように、ウチラがなんとかしないと・・・でもまだ無茶じゃない?
 などと、いろいろ考え、仕込みの優先順位を立て直しました。

 その店は、コースで売っている店だったので、単品のみの料理の仕込みの優先順位を思い切り下げました。

 チヂミ・・・7枚スタンバっておけばいいかな・・・

 営業開始5分前、調理長が出勤しました。商品開発がうまくいかないのか、上司からのイヤミのせいか、すこぶる機嫌が悪い!

 ピリピリ ピリピリ  音が聞こえるくらいピリピリした空気。

 でも、やることは決まっています。入ったオーダーを仕上げて出す。

 出す!出す!チヂミを出す! またチヂミを出す! 入る!入る!コースじゃなく、単品のチヂミのオーダーが、入る!入る!さらに入る!!
 あっという間に、夜8時前に、チヂミ売り切れ。

 「すみませーん、チヂミ、ストップでお願いします。」

 プチ!

 音が聞こえたような気がしました。

 「なんで、こんな時間にチヂミが終わるんだよ!!」

 いやぁ、やばい、恐い!おっかない!!

 だいたいアンタが急に遅刻するからだよ!と思わなくもありませんでしたが、結果がすべて。

 でも、ちょっと理不尽?

 皆さん、どう思います?

 でも言いたいのは、そんなことがありながらも、私が蔵之助に来たという結果を見てほしい、ということです。

 当時、閉店作業を終えて、調理長室へいくと、あがったはずのバイトスタッフが、全員帰らずに、調理長と楽しく喋っているのをよく見ました。

 そして、もうひとつ言えることは、基本的に大将は、あの頃と変わっていません。

 なんか、人を惹きつけちゃう人なんですよね・・・

 今日はこのへんで・・・

 大将!ちょっとヨイショしておきましたんで、500円ください!!

 でも、恥ずかしい暴露でプラマイゼロかな? 

 

 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kuransk.blog79.fc2.com/tb.php/197-0dbafaf1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。