スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育つ力 育つ環境

2006年12月12日 20:35

最近 結膜炎が直った大将です!

自分は板前修業中(今もですが)

どうしようもない男でした
物は腐らす

遅刻はする

仕事は遅くていつも間に合わない

仕入れにいけば迷って帰ってこない

言われた事を忘れる

数えあげればきりがない男でした

先輩や同僚にも

松原だから仕方がない

親方にも

お前には向いてない

散々です

終いには社長から

松には米しか洗わせるな!まで言われました

時が過ぎ

初めて調理長をまかされて

出来ない社員に

自分がされた同じ事をしてました

おいつは馬鹿だ

あいつは

あいつはって

人間は出来のいい人ばかり

気のあう人ばかり

そんな環境が一番いいです

自分もそう思います

でも実社会そうはいきません

いろんな人がいて

私の様に出来が極端に悪いのは

必ずいます

ここで二つに分かれると思います

あいつは馬鹿で出来も悪いからほっておく

もうひとつは

みんなで頑張って

あいつを育てようぜ!


人の成長には時間がかかります

しかも教え続けないと

いけません

時に厳しく

時には励まし

時には話を聞く

私自身仕事がうまく出来ない昔の事なんて忘れてました

でも教える事を出来なかった自分に置き換えて

教える事をしようと考えます

それはあるセミナーで、教えて出来ないのは

教える側の責任である と

グローバルダイニングにいた新川さんが言ってました

うちの店長もそれを心がけているようです

二回三回言ってダメなら

もっと教える!

覚えてもらうまで言い続けるといってました
そうなんです

教えるのが仕事じゃなくて

覚えさせるのが先輩達の仕事と思います


うちにも新人が入ってきて

出来るようになるまで

時間がかかります

でも

教えていく段階で

教える側も

教わる側も

成長できると信じてます

その過程の中で

初めて

人間関係って

築いていけると思う

自分自身

散々だった時

覚えていて

感謝して

尊敬してるのは

励まして

親身になって

教え続けてくれた先輩です

まあ自分が出来が悪かったから思うことかな?

でも居酒屋甲子園の言葉大好きです

共に学び 共に勝つ!こんな環境づくり

目指したいものです











スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kuransk.blog79.fc2.com/tb.php/40-3a93e611
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。