スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村橋くん、ハイ! 1

2008年05月14日 02:01

        麦チョコ


  僕は三人兄弟の三番目で、幼稚園に通っていた頃は、

 祖父母と一緒に過ごす時間が兄弟の中で一番長かった。

 その頃になると、母親がパートに出るようになっていたからね。

  幼稚園っていうのは、帰る時、親が迎えに来たりしませんよね。するの?

 少なくとも、僕が通う幼稚園は、みんなで手をつないで歩いて帰ってました。

 もちろん、先生が引導しながらね。

 同じ方向へ帰る園児でグループが作られていて、色でも分けられていた。

 僕は6班。 茶色のグループ。胸に茶色のリボン付けてた。

 赤や青のグループに憧れたなぁ。

 9班くらいあったのかなぁ。 赤、青、黄、緑、白、黒、茶、あとは何色だっけ?

 子供が多かったんだな、きっと。色のネタもなかったんだ。

  通学路ならぬ、通園路まで、子供の帰りを待つお母さん方や、じいじ、ばあばが

 迎えに出ている。そして、お決まりの挨拶。

 「先生、さようなら!!皆さん、さようなら!!」

 しつこいくらい、帰りの道中、何回もこの挨拶を聞く。

 『さようなら』に合わせて、ペコリって深~く頭を下げるんだ。

 一人、また一人とお友達が帰っていくと、グループもさびしくなっていってね。

 でも、幼稚園の先生との距離が近くなっていくのがちょっと嬉しかったりして。

 最後から三番目位に、今度は自分が元気よく挨拶して、祖母ちゃんと一緒に家に帰ってた。

  
  で、家に帰ると、おやつが待ってるんだ。

 これは母親が用意してくれているんだけど、 よく覚えてるのが麦チョコなんだよね。

 兄弟三人だからさ、小皿に三つ、台所のテーブルに置かれてるんだけど、

 僕、麦チョコの数、数えたもん。しかも、それで一番多いやつを選ぶわけじゃなく、

 三皿均等に分けた。小賢しいよね、ホント。

 で、自分の分を食べ終えて、やっぱり物足りないわけよ。

 しかも、兄貴達はまだ帰ってこないし、目の前にまだ、二皿麦チョコあるんだよ。

 やっぱ盗み食いするっしょ。二つの皿から均等に。

 三粒ずつ。

 もう一粒!

 でも均等にだから、もう片方の皿からも一粒!!

 合計八粒頂戴しました。


 最近麦チョコ食べてないなぁ。

 芳ばしい麦焼酎飲んで、「あ、麦チョコっぽい。」とかはあるけど。

 ていうか、このところ、飲んでばっかだ。

 

  

 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kuransk.blog79.fc2.com/tb.php/408-fcc5fba0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。