スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村橋くん、ハイ! 最終回

2008年06月18日 02:59

     母の入院 


          3


 「あ!虹だ!虹が出てる!!」

 完璧なアーチを描いていました。生まれて初めて、本物の虹を見たのはこの時でした。

 「1・2・3・・・・あれ?六色しかないよ。虹って七色なんじゃないの?」

 「七色あるじゃん。一番外側に薄っすらさ、それで七色だろう」


 兄にそう言われても、僕にはよく七色目までは判りませんでした。

 でも、そんなのどうでも良かったんです。綺麗なものを見たな、ツイてるな、という感覚。ちょっと興奮しました。


 帰宅後、祖母も一緒に夕食を済ませた後、父がある提案をしました。

 「母ちゃんに手紙書くか!」

 そして、兄弟みんな、ちゃぶ台を囲んで、入院中の母宛てに手紙を書き始めました。

 「ねぇ、父ちゃん。なんて書けばいいの?」

 手紙なんて書くのに慣れていないもんだから、よく分からん!照れもあったんでしょうね。

 「そうだなぁ、『今日、お見舞いの帰りに、でっかい虹を見ました・・・』なんてどうだ?」と父。

 すると、兄弟揃って、まったく同じ文章をそのまんま書き始める。

 「おいおい、ちょっとは違うこと書けや。」

 「分かった。じゃあ俺、『でっかい虹』じゃなくて、『大きな虹』にしておく!」

 「じゃあ俺は、『綺麗な虹』にしておくわ」

 「じゃあ僕は・・・『生まれて初めて本物の虹を見ました』でいい?」


 変な兄弟・・・ 変な親子・・・

 『早くよくなってね』とか、ありきたりの言葉で手紙を書き終え、色鉛筆で虹の絵も添えて、手紙は父に預けました。

 
 間もなく退院した母は、家に着くなり、

 「手紙ありがとうね。ほんと、母ちゃん嬉しかった!」

 と、笑顔で、僕ら兄弟を安心させてくれました。

 翌朝は、台所からの音、茶の間で新聞を読む父、仏壇に手を合わせる祖母・・・

 まったく以前と変わらない、我が家の朝でした。








    ~エピローグ~


 私には大好きな曲があります。特にジャズに傾倒していたわけではありませんが、とにかく「名曲」だと思う曲。

 ルイ・アームストロングの、 『この素晴らしき世界』

    

     緑の木々に真っ赤な薔薇

     あなたと私の為 命を咲かせている

     なんて素晴らしき この世界

     紺碧の空に浮かぶ 白い雲

     晴れわたる光の昼 聖なる闇の夜

     なんて素晴らしき この世界


     七色の虹は空を彩り

     街行く人々の顔に降り注ぐ

     こんにちは!と握手を交わす友人たち

     皆が声を掛け合う  I love you

     
     赤ん坊が産声を上げた 元気に育つだろう

     幾つかの経験を重ね 親を超えていく

     今 私は感じる この素晴らしき世界を
 


 いろんな訳詞がありますが、これが一番しっくり来ます。 

 大切にすべきものは、まったくシンプルなもので、

 実は、それさえあれば、他に何もいらないんじゃないかと思わせてくれる、心を豊かにしてくれる、数少ない曲だと思います。

 美しいものを美しいと思えるか。そのカギは自分自身の中にあって、

 なにかに感謝している時の心の状態って、とっても豊かで、幸福感に満ちていて、

 幸せな人って、感謝できる人なのかなって・・・思うんです。


 30歳を過ぎて、ようやく感謝できること。やっと気付いたこと・・・

 まだ気付いてないこと。感謝すべきこと・・・





 ああ、まだまだ幸せになれる!





 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kuransk.blog79.fc2.com/tb.php/437-81b44f1d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。