スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言霊

2007年02月26日 23:32

こんばんわ。ナオヤです。

今日は個人的にお休みを頂きました。(お店は営業です)


惜しくも受賞を逃してしまったけど

アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた

菊池凛子さんがインタビューの中で

厳しかったオーディションの時について言ってました。

「諦めず口に出して自己暗示をかけた」


蔵之助スタッフの中でも

目標を達成したり、夢を叶えたければ

口に出しちゃえ的な話がよく出ます。


叶という字が

『プラスを口にすると叶う』とか、

『10回口にすると叶う』なんていわれるように

口に出すって事は重要だなって思います。

ただ口に出すことは

明確なイメージが出来てないと思いつきになってしまいがち。


こんな記事がありました。


100人の法則ってのがあります。

夢を100人に話すと叶うそうです。

100人に話すと極端な話し、100通り突っ込まれます。

資金は?
場所は?
企画は?
ターゲット層は?
どんな趣旨で?
どんなことを伝えたいの?
なにがやりたいの?
利益はどこでだすの?
集客は?


詰まったり、答えられなかったりすると、容赦なく言われます。



『そんなの叶うわけないじゃん』

『現実ちゃんと見たほうがいいよ』

『世の中そんなに甘くないよ』  って。


でもね。

それって夢が明確になってないですよ、って

教えてくれているだけなんですよ。

一回、説明するだけなら、誰でもできる。

思いついたことを口にするだけなら誰にでもできる。

どんなひとになにをどういう風に質問されても

どんな答えでも返せる、答えられる。

100人に聞かれたら、100通りの答え方ができる。

誰が聞いても明確にイメージできるように伝えることができる。


そんな状態になったとき、

ひとり、

またひとり、




『それいいね』って共感してくれる方が現れます。

それを形にしよう!って言ってくれる、共感者がでてきます。

仲間ができてきます。

夢が現実を帯びて、

『遠くにあった夢』から『がんばれば、手が届く目標』に変わる瞬間がきます。


ひとに話せば話すほど、夢は明確になっていくんです。




それが難しいんですけどね。

とりあえず今日は

前々からやりたいことを口に出しておいた甲斐あって

有意義な休みを過ごせたかな。

日々精進です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kuransk.blog79.fc2.com/tb.php/88-81962838
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。